尾張地方のレジャー観光案内

 尾張地方にお住まいの方へ、休日を家族と有意義に過ごす案内をするブログです。

清須城に行って来ました。ご存知、清洲会議で有名な織田信長の居城です。織田信長は10年この城を居城としました。桶狭間の戦いの時もこのお城から出陣しました。

現在の清須城は五条川の対面に1989年に再建された模擬城です。131129_1155~01















いかにも、景観重視の世間の皆さんが想像するような、豪華なお城が立っておりますが、
1500年中期の頃のお城は砦、もしくは館の様な建物であり、いかにも町おこし的なお城になっており残念です。



本城は川を挟んだ北側に位置し、僅かながらの土塁が残されております。この頂きに本城がありました。是非、こちらに行くことをお薦めします。
131129_1201~01





131129_1202~01








そして現在城址のすぐ横を流れる五条川の護岸工事の際に発掘された石垣の一部が、公園内に復元されています。

131129_1209~01









余談ですが、清洲城下に新旧
2回の地震による液状化の痕跡が発見され、新期のものは濃尾地震旧期のものは、天正13年の天正地震による可能性が高いことが判明しました。これにより、前述の天正14年(1586年)に信雄によって行われた清洲城の大改修は、天正地震が契機だった可能性が高いと考察されています。



あまり知られておりませんが、東海道本線、新幹線のガードをくぐった西側にも公園があり、こちらには、織田信長、濃姫の銅像が有ります。この日も大型バスが停まっていました。三谷幸喜の舞台の影響でしょうか。織田信長は歴史上、重要人物なのでこれからも、幾度となく清須城が陽の目にあたることがあるでしょう。
131129_1240~01





 


 

場所はこちらをクリック

木曽川河畔にあるグリーンプラザ内にあるパターゴルフ場に行ってきました。

尾西グリーンプラザは、正式には尾西勤労青少年福祉センターと名称されており、ホール、劇場、会議場、レストラン施設が有ります。
パターゴルフの受付はロビーで行ないます。レストランの奥を通り抜けて、外を抜けて階段を下りると、パターゴルフ場が見えてきます。外からは分かりずづらく、入りづらいので商売的には苦労している感は有ります。

この日は、日曜日でしたが、曇り空のせいでしょうか他には、2グループしか居ませんでした。
肝心のコースはと言うと、まず、芝生は天然では無く人工芝です。但し綺麗な人工芝です。
練習グリーンも完備しています。

IMG_0198












ここのパターゴルフ場の特徴は、ホールによって、いろんな仕掛けがある事です。
特に後半のホールは見逃せません。こんな急な坂のあるホールがあるかと、思ったら、
IMG_0199












グリーンに穴が幾つもあり、その穴に入ったら、ボールが下へ出て来る、といった奇想天外なホールもあります。
IMG_0201IMG_0204 











他にもこんな、バンカーを超えてグリーンを目指すコースも有りますが、特にこのホールはバンカーがスタイミーになっており、とってもイヤラシイホールになっています。
IMG_0208
とっても、ユーモラスなパターゴルフ場です。小さな子供と一緒に行くには最適ですね。何しろ、知られていない分だけ人がいません。静かにプレーが出来ます。
グリーンが人工芝なので、かなり転がります。小さく出来るだけ弱くパットをしましょう。
ちなみに、内緒ですが、ホールに見張りが居ませんから、何ラウンドを廻っても分かりません。

料金 大人¥350   子供¥150

場所 愛知県一宮市冨田砂原2120-2
 



椛の湖オートキャンプ場

岐阜県中津川市上野589-17

IMG_0902









一泊二日で家族旅行に行ってきました。場所は中津川市の山の中、
19号線をひたすら北上します。
椛の湖オートキャンプ場はひっそりとした湖の湖畔にあり、実は今回
2度目となります。

 前回は、ウッディハウスに宿泊しました。このタイプの建物は、生活する全ての物が揃っています。2階建で、ちょっとした一軒家ですね。

 今回は、子供が小学校高学年になったので、トレーラーハウスを利用しました。
IMG_0906






このタイプも、ほとんど生活必需品が揃っています。ウッディハウスとの違いは建物の大きさと立地条件ですね。ウッディハウスは丘の上、とテーラーハウスは湖湖畔というロケーションです。

 その他もちろん、各自テントを用意する、テントサイトもあります。



湖畔では、釣りが楽しめます。サイクリング、魚つかみ取りのイベントもあります。
IMG_0898









そして、ここの売りは何と言っても、夜の星が綺麗な事。夜空一面に、星が現れます。

あとは、カブトムシがたくさん取れる、と言う触れ込みですが、早朝、探しに行きましたが一匹も採れませんでした。
IMG_0916








都会に疲れた、私みたいな人には、癒しにピッタリですね。静かに、のんびり過ごしましょう。
場所はこちら
〒509-9231 岐阜県中津川市上野589-17

ホームページはこちらをご覧下さい椛の湖オートキャンプ場
 

 今回は信州の開田高原へ出かけました。この、ブログは尾張地方の観光案内の紹介するブログですが、今回は番外編ということでお許しを・・・。
中央高速から中津川のインターチェンジでおり、ひたすら19号線を北上すること約60キロ。361号線を左折し、ひたすらまっすぐ行くと、開田高原が見えてきます。ここは、木曽馬と蕎麦の産地で有名です。
 
到着時間が遅く、残念ながら木曽馬には、会えなかった。
しかし、とにかく蕎麦畑がキレイ!そして、御嶽山がなんと神秘的な美しさ。この日は曇り空でしたが、それでも景色は最高。それだけでも、はるばるここまで来た甲斐があったというものです。
IMG_0879IMG_0893










  そして、もう一つ有名なものが・・・。

 それは、
開田高原アイスクリーム。この日は、真夏でしたが、気温が低くしかも夕方、でも、こんな賑わい。
そして、私は、とうもろこしソフトクリームを食べました。
 程よく、甘く滑らかな感触、とうもろこしの風味がマッチしてます。是非お寄り下さいませ。
IMG_0874










そして、お帰りには、日帰り天然温泉、“せせらぎの四季”によってはいかがですか?
特に、夕方は200円引きです。なんとお湯の色が、「茶色」です。露店風呂もあります。
 
詳しくは
こちらを御覧下さい。 

久しぶりに地元の七夕祭りに行って来ました。実に35年ぶり!恐ろしく昔の出来事ですね。駅も随分変わりました。いまや最新式で飲食店どころかなんと、駅に図書館まであります。駅前から、ロータリーまで露店が並んでいます。露店商には外国人の姿も目立ちました。
昼間の金曜日だというのに、人、人、人、いったいどこからこんなに人が一宮にやって来るのでしょうか?
IMG_0856










一宮の七夕祭りは、(1956年)昭和31年から始まりました。旧暦の七夕に合わせ7月の最後の週、木曜日から日曜日までの4日間行われ、この間約130万人の人でで賑わいます。昔は、アーケードの吹き流しはもちろん、看板の電飾や、からくり人形のような出し物がたくさんあり、胸を躍らせたものです。今回、久しぶりに訪ねて、随分、おとなしくなった印象があります。時代の流れですね。
IMG_0863









もう一つ大きな出来事がありました。アーケードの一部が老朽化により、外されたことです。
真澄田神社に抜ける一角に屋根がありません。昔ながらの風景が現れました。
IMG_0858









しかし、ご家族から、カップル、浴衣姿のお嬢さんも目立ちました。何しろ、こんな昼間の暑い時間にこんなに人が居るなんて、ただ単に驚きです。行くのであれば夜がおすすめですね。夜は、電飾がもっときれいなはずです。
いろんな意味でコンパクトになりましたが、賑わいは昔のままです。

IMG_0865









みなさん、是非、お出かけください。但し、公共交通機関でお越しください。わたくしも徒歩で3キロ歩いて出かけました。くれぐれも近くだからといって自転車で行かないで下さい。自転車も止める所がありません。
IMG_0860







真澄田神社付近

一宮市七夕祭り 詳しくはこちらをクリック












このページのトップヘ